社長ブログ

住まいを長持ちさせる方法(5)

今回は、家庭用電化製品のお手入れについて。

電気掃除機の本体は、家庭用洗剤で拭くときれいになります。

集塵袋は歯ブラシを少し濡らして、ホコリを寄せ集めるように

して取ります。

時々、洗剤液でつけ洗いをするとひどい汚れも取れます。

掃除機のブラシ部分に巻きついた髪の毛はハサミで切り取り、

その後、包装用粘着テープか竹串で取ります。

アイロンの底が汚れてきたら、固く絞った布にクレンザーか

歯磨き粉をつけて磨くと、汚れがきれいに落ちます。

底が汚れたアイロンでは、せっかく洗った衣類も汚れてしまい

ますので気をつけましょう。

電気洗濯機の掃除は、まず使った後は必ずフタを開けておき、

モータへの通気を良くしておくことが、長持ちさせるコツです。

汚れがひどくなってきたら洗濯機いっぱいに水を貯め、そこに

コップ一杯の酢を加えて空回しするときれいになります。

今日は家庭用電化製品について書きました。

参考にしてください。

 次回は流しのお手入れについてです。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート