社長ブログ

家づくりにかかるお金の話、その6

住宅ローンで着目したい「総支払額」
せっかく新居での暮らしがスタートしても、住宅ローンの
返済に追われてしまっては台無しです。
「返済期間は、どれ位で組んだらいいのか?」は気になる
ところです。
そこで着目したいのが「総支払額」です。
借入れ額に利息を加算した総支払額を意識すると、答えが
見つかりやすくなります。
月々の返済額は同じでも、返済期間によって借入額は大きく
変わります。
逆に、同じ金額を借り入れるのに、返済期間を長く設定する
ことで月々の返済額を抑えることもできます。
ところが、返済期間が長くなると、利息がかさんでしまい、
総支払額が増えてしまうのです。
保証金など手続費用も多くかかりますので、注意をしたい
ところです。
金利の条件なども関わってきますが、収入の大きな変化が
予想される定年時が、返済期間を設定する上での、一つの
目安になります。
借入額が大きく、返済期間を長くしなければならない際は、
繰り上げ返済を活用するなどして、定年までの完済目標に
近づけるようにするのも一つの手です。
 ローン組みは、よく考えてくださいね。   渡辺
 
   t026.JPG

小冊子無料プレゼント 緊急レポート