社長ブログ

遣り方出し

先月初旬に地鎮祭をした仙川T邸、昨日遣り方出しをしました。
「遣り方」とは
建物の外周部から、約50程離した所に木杭を差し込み、
オートレベルやレーザーレベルなどを使い、GLから50~70センチ
上がった場所で平行に、9センチ程の幅の貫き板と呼ばれる板で、
建物の周りに囲いを作ることです。
建物の配置を、貫き板の部分に移し印を出します。
非常に重要な作業です。
工事業者により高さや囲いの距離が違う場合があります。
  P1030553.JPG
   
いよいよ基礎工事の始まりです。
                  工事責任者

小冊子無料プレゼント 緊急レポート