社長ブログ

防蟻処理によるシックハウス その2

前回の続きです。
新築の場合「防蟻処理は、比較的初期に施工されるため、
その臭気は、建築工事完了時にはほぼ揮発していますから
臭いません」と以前はよく言われていました・・・
が、これって完全に詭弁ですよね。
実際、「合成ピレスロイド」の臭いは数年間抜けません。
日にちの経過と共に薄くはなってきますが、体に悪影響を
与え続けることは変わりません。
また、5年後には再防蟻処理の時期がやってきます。
入居後の防蟻処理(薬剤の再塗布)時は、家族が健康に
暮らしている真下で薬剤を塗布するのですから、その薬剤に
よっては被害が出ることがあります。
白蟻駆除業者に依頼して床下の防蟻処理(化学物質の再塗布)
を行った直後、「目がチカチカする」「喉が痛い」「頭痛が
治まらない」・・・などの経験をされた方が、いらっしゃる
かもしれません。
これがいわゆる
「防蟻処理剤(化学物質)によるシックハウス」です。
こんなに有害な物質なら防蟻処理はやらなくても良いのでは?
と思う方も多いはずです。
【化学物質による防蟻処理はしないほうが良いのです】
しかし一方では、防蟻処理をしないと白蟻に大切な土台や柱を
食べられてしまうのでは・・・と不安に思う方もいらっしゃい
ます。
そこで最近導入されたのが、自然素材による防蟻処理です。
ではそれがどんなものか?  
 
 次回お話します。

小冊子無料プレゼント 緊急レポート