社長ブログ

安心な場所を探し家を建てる!

今年3月におきた東日本大震災の津波を受けて、今、全国各地の
沿岸部の市や県が、その地で過去起こった津波の事例を調べ
一部公表し始めています。
横浜市や鎌倉市では、過去最大5メートルを超える津波が
起こっており、そのハザードマップやデータを公表しました。
あの津波の恐怖は、全国の人たちがほとんどTV等マスコミを
通して見聞きし感じているわけですから、これから建替え
しようとか、土地を買って新築しようと思っている人たちに
とって、無関心ではいられません。
神奈川県では、今年中に「最大津波、予測図素案」を確定する
そうですが、この動きは各県に伝播するものと思います。
その予測図があれば、これから家づくりをとお考えの方には
心強い適切なアドバイスになると思います。
また、国交省では、ハザードマップポータルサイトを立ち上げて
おりますから、津波だけでなく、あらゆる災害に関する情報を
所得することができます。
ご家族の安全を守る為には、手間暇惜しんではいられません・・
当社でも資料にしてOB客や家づくりの資料請求を頂いた方には、
お知らせしていかなければと考えております。
  これからの家づくりはヒートショックを起こさない
  家全体が温度差が少ない家づくりが大切です。 渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート