社長ブログ

給湯費用の節約!

家計への負担、さらに地球環境にもやさしい『給湯費用』
について、すぐできる身近な節約のコツをご案内します。
■お湯の無駄遣いはしない
 台所での皿洗い、洗面や歯磨きの際にお湯を出しっぱなしに
 しないことで電気・灯油・ガスなど給湯にかかる費用を節約
 できます。
■シャワーの使用時間を減らす
 シャワーの場合、出しっぱなしにしているお湯の量は意外に
 多いものです。
 無理のない範囲でシャワーを浴びる時間を短縮したり、
 お湯を出しっぱなしにしないようにしましょう。
■お湯の温度はできるだけ低くする
 給湯温度は、台所や風呂など用途に適した温度に設定し、
 必要以上に高くしないことで給湯にかかる費用の節約が
 できます。
■お風呂を上手に使う
 家族が入浴する間隔を短くするほど、お湯が冷めにくく、
 追い炊きすることが少なくなるので、給湯にかかる費用の
 節約ができます。
■お風呂は、水を沸かすより給湯が良い
 お風呂は浴槽に水をためてから沸かすより、直接給湯する
 ほうが熱効率が良いため、省エネになります。
■お湯を使わない時は、こまめに電源OFF
お湯を使わない時には、電源を切ることによって待機時に
 消費される電力を減らすことができます。
 特に、灯油ガス化燃焼方式の給湯ボイラーは、この待機
 電力消費量が比較的大きいそうです。
■効率のよい給湯機器を選ぶ
 効率の高い給湯器は、ほとんど“エコ○○○”という名称に
 なっていますね。
 例えば“エコキュート”“エコウィル”“エコ上手”…… 
 給湯器を買い換える時、一度よく検討してみてください。
  少し気をつけることで、大きな節約になります。
  皆さんも是非実践してみてください!!
   家計にやさしい家づくりをご提案します。  渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート