社長ブログ

人は挑戦そして失敗を繰り返して自立

今の時代、将来が「空白」、つまり「どうなるかわからない」
と感じている人が増えているようです。
その「空白」を何で埋めるかでその人の人生は変わります。
ある人は、「不安」で埋め、別の人は「希望」で埋めます。
「不安」で埋めた人は「安定」を求めて行動するようになります。
今まで以上に安定志向が強くなるわけです。
一方で「希望」で埋めた人は、自分の可能性を信じて「挑戦」
しようとします。
結果として、両者とも同じ結果に終わります。
それは、「失敗」。つまり、どちらにしても思った通りの
人生にはならないというわけです。
そして、どちらの生き方を選択したかによって人生が
大きく変わっていきます。
このとき「安定」を求めて行動をしていた人たちの多くは、
自分以外のものに責任を転嫁しようとします。
自分は頑張って勉強してこの会社に入ったのに、
会社が悪い、上司が悪い、社会が悪い、時代が悪い、
国が悪い・・・
そう叫ぶ人を見て、周囲は、その人の生き方が「自立」ではなく
「依存」だったということに気づきます。
一方で「挑戦」を選んだ人は、失敗したときに、
自分の中にしか責任を求めることができません。
他の誰のせいでもない、自分のやり方さえよければ上手く
やることができたと考えます。
そこに成長するチャンスが生まれます。
つまり、「自立」とは、どんなことが起こっても、
自分の責任としてとらえ、前に進む生き方をすると決めた人が
手にすることができるものだと僕は思っています。(心晴日和 より抜粋)
「挑戦」→「失敗」を繰り返して「自立」していくのですね
あなたはどちらのタイプですか?私は・・・
何れにしても悔いのない人生を送りたいですね。 渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート