社長ブログ

地盤にも瑕疵担保責任が有るのか?

購入された土地の地盤調査の結果、
「地盤改良工事の必要あり」の判定が出たとします。
調査データに合わせ、選択した補強が仮に柱状改良
工法とすると、建築面積にもよりますが補強費用は
百万円前後になりそうです。
住宅部分はリフォームやメンテナンスができても、
あとから地盤を何メートルも補強するのは至難の
業ですので、たとえ想定外の出費でも覚悟しておく
必要があります。
建築業者や不動産業者の中には、
「ここは●●年以上も家が建ってたから大丈夫です」
と無責任なことを言う人がいます。
 こんな言葉を本当に信じられますか?
プロが言うのだから大丈夫だろうと思うかもしれ
ませんが、実はほとんど何の根拠もなく言っている
だけなのです。
宅建業者に義務づけられた「重要事項説明」には、
地盤のことは含まれていませんから、単に気休めを
言っているだけだと思った方がいいでしょう。
また決断前に、購入予定者側の費用負担で構わない
から調査をさせて欲しいと申し出ても、断られる
ケースが結構有ります。
何故なら大半の売主は、地耐力が弱いという結果が
でたら、値切られたり断られるかもしれない、と
考えるものです。
だからあくまでも「現状渡し」を主張する訳です。
つまり、土地購入の際は、どんなに不安を抱いたと
しても、地盤の強弱を見極めないままに決断しなけ
ればならないのが実情です。
  今回はここまで。
  次回続きをお話します。
 ご家族の安全を守る家づくりをご提案。 
                   渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート