社長ブログ

新築かリフォームか!

 “新築かリフォームか” これで悩む方も結構多いと思います。
家が傾いてきた、柱が腐ってきた等、構造に問題がある場合は止むを
得ませんが築30年~40年位の木造住宅ならリフォームで事足ります。
 以前、どこかの大手ハウスメーカーの社長が「家は25年で建て替えればいい、
その時の家族状況に合わせて建て替えていけばいい」
なんて言っていましたが、もったいない話です。
 どうも、新しい物が全て良いという風潮がありますが、そんなことも
ないと思います。何でも古い物は悪いと決めつけず、使える物は使い勝手の
悪い部分のみを変えて再利用しましょう。
イギリスの家は200年~300年ほとんど新築せず、リフォームを繰り返し
大切に暮らしています。

 リフォームは、設備等のグレードにもよりますが新築の半分位の
費用で出来る事もあります。
使える部分は使い、使えない部分や気に入らない部分を変えていく、
  これってまさにエコですね。
 構造的に厳しいなら仕方ないですがそれが大丈夫ならリフォームという
ことも併せて検討されるのも良いかもしれません。
 しかし、施工側からみるとリフォームは新築に比べ高い技術力が要求されます。
  いざ、工事を始め壁を開けて(壊して)びっくり!
予想以上にひどい状況になっていたり、逆にびくともしないような柱が
あったり・・・その都度職人さん達と相談し、時には頭をひねりながら工事を
進めていきます。
 大変だけれども、完成後どんな風に変わるのか?
   楽しみでもあるしとても面白い仕事だと思います。
 逆にお施主さん側からは、業者選びは難しいかもしれません。
リフォーム店って多いので、じっくり信頼できる業者を探されることを
お勧めします。
 当社でも現在2棟の大規模リフォームを行っています。
毎日、担当者のS君が現場に出向き進捗状況を確認しつつ慎重に工事を
見守っています。(毎週ブログで紹介しています)
  どんな風に生まれ変わるのか楽しみです。
  RIMG1904.JPG  RIMG1907.JPG
  RIMG1899.JPG  RIMG1894.JPG
 (こちらの住宅は従来の建築面積を変えない為、大規模リフォーム中)
 皆さんの中にも、リフォームをお考え中の方がいらっしゃるかも知れませんね。
どんな事でもご相談下さい。
より快適に暮らせるようアドバイスさせていただきたいと思います。
    ご家族の安全を守る家づくり・家族に優しいエコ住宅  渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート