社長ブログ

「太陽光発電装置」の悪徳営業にご注意を!

 同じ「省エネルギー」でも太陽光で発電した余剰電気は
今までの2倍で買い取ることが決まりましたが、
その分は電気代に上乗せされますから、太陽光発電をしていない
家庭には負担が増えることになります。
それが嫌なら太陽光発電装置を買って、余剰電力を売れば
良いではないか、ということでしょうか?
しかし、一方では太陽光発電と風力発電を同時に行っている
家庭の余剰電力は、買い取りを半額というおかしなことに
なっています。
 300px-%E9%A2%A8%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB-%E7%AB%9C%E9%A3%9B%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%83%A01%5B1%5D.jpg
 同じ経産省所轄の事業なのですが、風力発電への嫌がらせ?
とも思える制度ですね。
いずれにせよ、日本の屋根という屋根には、太陽光発電装置が
搭載されてくるのでしょうね。
CO2を25%削減するためには、1000万戸の住宅に
搭載しなければならないという試算が出ています。
その一方で、悪徳業者が「太陽光発電装置の搭載が義務づけ
られました」と、ピンポンを鳴らす回数が増えそうですので

  皆さんくれぐれもご注意ください!
 
 300px-Electricity_generating_windmills_in_Hokkaido%5B1%5D.jpg
      エコ住宅に取り組んでいる工務店 渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート