社長ブログ

きっと良い子に育つ家づくり!

今回は、「きっと良い子に育つ家づくり」について、私見ですが
書いてみました。
お子さんの為に家を建てる人は多いですね。
意外かも知れませんが、家に使われる建材は、子育てと密接な
関係があるのをご存知でしたか?
家づくりの話が進むにつれ「家を建てる」ことに集中してしまい
本来の目的である「家族全員が健康で楽しく暮らしたい」という
事が忘れられてしまいがちです。
そして、「子どもが健康で良い子に育つ」ことを願ってます。
それには、住環境を考えた家づくりをしなければいけないんです。
実は、青少年の悲惨な事件の背景には、住環境が大きく関係している
んです。
2、30年前と比べて、青少年が起こす犯罪は、極端に増え、凶悪化
しています。
また、事件を起こした子どもたちは、真面目でおとなしい子だった
成績優秀だった等、良い子に映っている子に限って、そんな事件を
起こしている場合がよくあります。
もちろん、様々な要因があるでしょう。それでも、家庭環境が第一要因
に違いはありません。
では環境により、子どもの心をを蝕む具体的要素を考えます。
まず、精神的にどんな症状がでるのか?
よくきれる、子どもがいますね。                                   
ヒステリック、ストレス、ノイローゼ、うつ病など・・・。
最近では、子どもでも、うつ病になります。
家が原因で、精神的な害を受けているということを聞いた事が
ありますか?
ほとんどの人が、家が原因だなんて思わないんですが、建材で
あったり、または間取り自体の問題で、ストレスが溜まり、
うつ病になったり・・・そういう事例が結構あるんです。
さらに、ソワソワしている、イライラしている、怒りっぽい、
そういう人を周りで見かけることはないですか?
子どもがそういう状態だと、成績にも影響が出てきますよね。
勉強はしているけど、最近なぜか成績が落ちている。またどうも
記憶力が弱くなっているように思えたり、以前のようにいろんな
ものに関心が示せなくなったとか・・・
子どもは何にでも興味があり「何で?」「どうして?」って、
よく親に質問します。
それが、ある時を境に、だんだんそういう物事に対しての関心を
示さなくなる、そう言う事例も報告されています。
ところで、照明器具も影響します。ご存知でしたか?
蛍光灯は、昼間の光を再現したものなので、身体が昼と感じてしまう為
夜、電気を消してもすぐ眠れず気持ちが落ち着きません。
だから、寝室に蛍光灯はふさわしくないわけです。
オシャレなレストランも、蛍光灯でなく白熱灯ですね。
白熱灯は料理をよりおいしく感じさせます。
それは、照明の仕方だけの問題じゃなくて、発光体自身に問題が
あるということなのだそうです。ご存知でしたか?
電気代は蛍光灯の方が安いのですが体にも良く、精神的にも
くつろげる白熱灯を適材適所に使って欲しいと思います。
どの家庭でも子どもさんの成長には関心が深いと思いますので、
家にではなく、子どもさんにに焦点をあわせて家づくりを考えると
良いのではないでしょうか。
  エコ住宅に取り組んでいる板橋区の工務店  渡辺

小冊子無料プレゼント 緊急レポート